温泉ハルカ
東京在住もやしっ子2人の温泉旅行ブログ
のんびり小町感想中心のお宿レビュー

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - スポンサードリンク
銀山温泉 銀山荘(のんびり小町)
寒波で、雪がすごい有様になっている、山形県銀山温泉。いつものごとく、びゅうの「のんびり小町」で行ってきました(^-^)/

行きは、「つばさ」を山形駅で降りて寄り道。
駅から歩いてすぐに、山形城址。現在復元中。何も無い。雪しかない。

山形城址

山形城址

雪道を堪能して戻ってきたら、もう新幹線の時間に丁度良いくらいの時間でした。雪道を歩くってのは、大変だぁ…。
でも、新幹線は豪雪で1時間も遅れてきました。今年の雪はスゴすぎた!

山形駅から、30分ほどで大石田駅に到着。周囲は何もありません。

雪に埋まる向かいのホーム
雪に埋まるホーム

大石田駅より各宿のバスがいっぱい出てます。この辺、銀山温泉の山奥イメージを一新。意外とアクセスいいかもしんない。
銀山荘は送迎バスに予約が必要。新幹線遅れてきたけど、ちゃんと合わせて迎えてくれました。
高々と立山黒部アルペンルートのような雪の壁の道路を、40分くらい山側に走っていくと、銀山温泉に到着。

銀山荘は、銀山温泉で一番大きな旅館で、温泉街から、ちょっと離れたところにあります。温泉街までは徒歩で約5分。

お部屋は思ってたより広めで、暖房があったか。
普通、冬場の旅館は暖房のせいで部屋の空気がすごく乾燥するんだけど、部屋には加湿器が付いてました!おお、コレは嬉しい(女性向な「小町」だからか?どのお部屋も付いてるのかなぁ?)。
窓の外は、川と森。雪で埋まって真っ白。川面も隠れて殆ど見えない(^_^;

おへや。

↓部屋の窓から。すんごい雪!
銀山荘〜部屋の窓から

この日の最低気温は氷点下7度。都会っ子の自分たちには脅威の気温。
「あっ、雪が小降りになった!今だ!」と温泉街へ外出するも、しばらくすると吹雪のような雪。やんだと思ったらまた雪…の繰り返し。これが雪国かΣ(゚Д゚)
宿で、中綿のついたあったかい防寒着と雪国仕様の長靴、傘を貸してもらえます。

銀山温泉は、レトロなあの雰囲気と町並みが見所だけど、噂どおり、あの一角だけです。他には何もありません。

夕方の銀山温泉街

足湯がありますが、冬場は使用不可能に近い。
なぜなら…↓なカンジで、びしょびしょで座れないから(笑)。

銀山温泉〜足湯〜
一応雪かきはされてるんだけどね。雪の日でも大丈夫なように、屋根付けて欲しいかな。(屋根付けても横から吹き込んでくるだろうけど)

唯一、一息つけそうなお茶処は「はいからさん通り」という甘味どころ。温泉街の一番奥にあります。
ここはカリーパンが有名ですが、運が悪いと、席は団体客に占領され、お店の人は忙しくて対応すらしてくれなくなります。
接客のバイトさんでも雇ってくれ頼むから_| ̄|○待ってて途中どうでもよくなったぞ。
タイミングがよければ、揚げたてのあつあつカリーパンにありつけます(団体客が嵐のように去った後が狙い目)。
他にもおしるこや、お餅メニュー(ずんだ・あんこ・納豆・からみetc..)、普通の喫茶メニューが有り。
オススメはカリーパンとコーヒーのセット(480円)。
はいからさん通りのカリーパン

余談ですが…納豆餅って、実家(栃木)では普通に食べてたんだけど、同級生の誰もが「知らない」「聞いたことない」「美味しいの?」って言ってたものだから、ウチのオリジナルなんだと思ってました。
そしたら、山形でのポピュラーな食べ方だって後に聞いて、納得いった。
だってウチの父は山形出身なんだもん(笑)。

さてお宿の食事。
和食。味はまぁよしとしよう(最近舌が肥えてきてます)。
しゃぶしゃぶに出てきた山形牛が柔らかくて美味しかった!あとお米も美味。何でウチで炊くのとこんなに味も香りも違うかなぁ…v
全体的に味付けが濃い。東北だからか。
銀山荘〜夕食

朝食のお米がやっぱり美味しかった。ご飯の進むおかずが勢ぞろい。味噌汁もおいしい。

銀山荘〜朝食
↑竹の皮に包まれてるのは、納豆。
山形に納豆は欠かせないようです(笑)。

お風呂。
かけ流しだけど循環式も併用だそう。
露天はいい硫黄の香り。湯の花が微量浮いてます。
寝湯は塩素の香りがする。でも景色と空気は良!雪見風呂満喫できます。
あ、リンスインシャンプーなので、気になる人は自前を持っていくべし。
施設とアメニティは普通〜。
館内の雰囲気は、そんなに力入れてない感じ。デカいホテルですから。

頑張って撮った写真!(本当に頑張った!いつも人がいるから)
内湯
銀山荘〜内湯

露天(内湯とつながってる)
銀山荘〜露天

寝湯(ぬるめ)
銀山荘〜寝湯
そうそう、銀山でいちばん大きな旅館なので、団体客が入ることが多いようです。
ご飯食べてる間も、廊下歩いてる間も、果ては寝る頃まで、カラオケや宴会の音がひっきりなし(-_-;
なので、細やかな気配りを期待してはいけません。接客もちょっと大雑把かな〜。
でっかいホテル旅館だなーってカンジ。ちと残念。悪い!ってわけじゃないんだけどね〜。
私のように、小規模ハイセンス系の宿を好む人にとっては、色々言いたくなる点が多いかも。

↓夜のライトアップ
銀山荘〜夜のライトアップ


山形県銀山温泉
泉質:含硫黄・ナトリウム・塩化物・硫酸塩温泉
東北 comments(0) trackbacks(1) ハルカ
スポンサーサイト
- - - スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
大正ロマン漂う風格のある町、銀山温泉 ▲銀山温泉(ぎんざん) ・場所:尾花沢市大字銀山新畑 ・効能:神経痛、リウマチ、皮膚病、創傷...
: 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 : 2009/04/14 10:59 AM :
<< NEW TOP OLD>>