温泉ハルカ
東京在住もやしっ子2人の温泉旅行ブログ
のんびり小町感想中心のお宿レビュー

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - スポンサードリンク
扉温泉 明神館 (のんびり小町)
 2月下旬、のんびり小町パンフレットを見始めた頃から掲載されている憧れのお宿、明神館さんへ行ってまいりました。ハルナです。
 TV番組等でも紹介されているのを見たことがあり、憧れのこころはさらに膨らんでおりました。
 今回はハルカさんと別行動のんこま、友達のバースデー旅行でした。

 のんびり小町といえばアーリーチェックイン、レイトチェックアウトでお宿に長時間滞在できるという優雅なプランなのですが、こちらのお宿ではその時間に合わせた送迎の設定がありません。
 通常のチェックイン・アウトに合わせた送迎バスが1便あるのみ。
 のんこまで行くのにみんなと一緒じゃもったいない! アーリーチェックインを満喫したい! とワガママな私たちは、お宿の送りのバスがお宿に戻る際に乗せてもらえませんか、とお願いしました。お宿の方では親切に了承の対応をいただき、朝はそれに合わせて松本に着くよう特急あずさに乗りこみました。



 松本駅に着いたときはほとんど雪がなくて、雪見風呂を楽しみにしていた私たちは少々不安になりましたが、お宿は松本駅からずんずん山奥まで来て、徐々に雪が見られるように。
 お宿は山道の一番奥の方にぽつりとありました。まさに一軒宿。

 チェックインの時間より早く来すぎているので、お宿に荷物を預かってもらい、近くの食堂でお昼ご飯。食堂の隣には公共の温泉施設もあります。あまり時間もなく準備もしていなかったので中をのぞいては来なかったけれど、お客さんがたくさん来ていました。

 宿の周囲は雪の季節でなかったら歩いて散策できる様でした。
 宿の隣に流れる川の向こう岸には、東屋などがあり、気候が良ければのんびりするにはとてもいい場所でした。

 2時になりチェックイン。
 私たちはロビーで待っている間にお宿帳に記入を済ませてしまいましたが、通常はお部屋でチェックインになるのかと思います。



 お部屋。
 10畳で普通の広さ。広縁がないので狭く感じるかも。
 右下にちょこっと映ってますが、大きめの加湿器があったのが嬉しい点。アロマオイルもありました。



 お部屋の片隅に浴衣やアメニティのセットが。
 色浴衣はのんこまの特典で付いているようです。特に選べず、既に置いてありました。
 お宿の浴衣は浜松紬を使っているらしく、普通の温泉宿の浴衣と違って厚みがあり、とても着心地が良かったです。色浴衣よりそっちのが好きだった。
 袋に入った丸い容器はシアバター。これものんこま特典。
 足袋靴下は最近はもう当然のサービスに近くなってきていますね。
 こことは別に、バスローブも置いてありました。



 お部屋からの景色。川が流れていますが、音はほとんどしません。
 冬だから水の量がすくないのかも?
 雪も少なめでした。



 のんこまプランはお部屋に癒し風呂付き。半露天。
 カウチとかけ流しの湯船、この写真を撮った位置の後ろにシャワーブース。
 この時期カウチは冷たくって座れませんでした。
 でもお風呂は広めで気持ちが良かった。
 写っていませんが、右奥にある棚に防水ラジカセが置いてあり、常に癒し系の音楽が流れていました。夜もつけっぱなし(^-^;

 さて、他のお客さんがチェックインする前にお宿探検です!



 ロビー。
 この奥左側がフロント。
 ロビーには素敵な椅子や家具がたくさん置いてあり、のんびりするには素敵な場所でした。
 常にアロマをたいているようでほのかにいい香りが。ロビーだけではなくお宿の廊下など至る所がいいにおいで素敵でした。
 また、こちらではコーヒーやハーブディ、お茶などが好きなとき好きなだけに飲めるようになっています。
 それに加えておやつの時間にはつまめる程度のお菓子が、夕食の前には食前酒(スパークリングワイン)のサービスもあります。
 飲み物がサービスされているのは本当に嬉しいです。特にコーヒー。



 ハーブティとカヌレ、クッキーなどのおやつ。
 自由に頂くことができます。



 フロント奥のお土産物売り場。
 お宿オリジナルのものから、軽井沢のアウトレットで見たことのあるお品までいろいろとありました。

 さて、人がいないうちにお風呂です!



 こんな素敵な湯あがり処を通って…



 大浴場。
 硝子の外にも見えますが、↓こちらが大浴場の露天風呂。



 内湯もガラス張りなので露天風呂と同じくらい解放感があります。
 楽しみにしていた雪見風呂も出来ました! ただ、もっとどっかり雪が残ってると期待通りだったのだけど…。



 パンフレットに必ず載っているお風呂。立湯です。
 一番奥から真ん中の空いた仕切りまでが深くなっています。
 ガラスがあるのかな、と想像していましたがなくて、半露天のような感じです。
 新緑の季節もいいだろうな〜。



 こちらは寝湯。
 ここだけものすごく消毒剤のにおい。
 景色がいいわけでもないのであまりお勧めしません。



 渓流沿いにも露天風呂が。お宿前の坂道の途中にこんな入口があり…



 階段を下りるとこんなふうにお風呂が。
 奥が脱衣所。一度お風呂を通りぬけないとならない。
 ちなみにこちらは混浴で、19時半〜21時半(だったかな)に女性専用の時間帯があります。
 …混浴はともかく、ちょっと利用しにくい感じかな〜。せめて脱衣所はお風呂のこちら側が良かった。
 右側の木の塀の下がすぐ川で、場所は素敵なんですが。
 お部屋にお風呂が付いていることだし、他のお風呂も充実しているのでこちらには入りませんでした。
 夜行かれるときは階段にお気をつけて…。

 お風呂はそれぞれ独立していて、たとえば大浴場⇔立湯は一度浴衣を着て館内を移動しないとなりません。
 渓流沿いの露天風呂もお宿の玄関を一度でないと行くことができないし、お風呂に関してはそういう意味ではやや不便かな。でもそれぞれ味のあるお風呂で、違った楽しみが出来ると思います。

 夕食です。
 こちらでは懐石、モダン和食、フレンチから選べて、お食事処も違います。
 懐石はどちらのお宿でもあるものだし、フレンチはこういうお宿でなくてもいいかなぁと私は考えて、モダン和食にすることにしました。

 「梅咲く頃」と題された、春を感じさせるようなお献立でした。
 


 先附 前菜盛り合わせ
 「福」の器は2月の節分にちなんで。福豆もさりげに使われていたり。



 帆立真丈 薄葛仕立て
 深い器でびっくり。食べにくいけど面白くてお吸い物も美味しかった。



 鹿肉赤みそ生姜煮込み
 鹿肉なんて珍しい。箸で分けられるくらい煮こまれています。



 蛤と地物野菜の鍋仕立て
 春らしい。
 …けれど真丈のお吸い物とこれと、水っぽいものが立て続けに…。さじが付いてきたのでこのお汁も飲むものなんだろうけれど、ちょっと控えてしまいました。
 献立を見て、鍋というので単純に鍋物っぽいのを想像していたので少しびっくりした。



 天然鯛 辛子味噌和え
 伊予柑(だったかな)の器で、伊予柑の実も辛子味噌で和えられてます。ちょっと普通では組み合わせにくいコンビだと思いましたが、全部食べちゃいました。
 鯛が凄く美味しかった! …ので、普通のお刺身で食べたいくらいでした。



 自家製唐墨の飯蒸し
 カラスミは…正直食べられませんでした。



 水物 
 アイスクリーム マンゴー リンゴの赤ワイン煮 ジュレ掛け
 ハーブティと一緒に。



 こちらはお勧めのメニューから別注した牛肉の焼き物。
 (メニューの正式な名前は忘れてしまいました)
 このお肉、とっても美味しくて口の中で溶けました…! 感動ものでした。

 お夕飯のお献立は、別注のお肉以外だとなんとなく品数が少なめでさびしい気がしました。
 水物とご飯以外だと5品で、うち2品がお汁ものだったし。
 一つ一つはもちろん美味しいのだろうけれど、全体でみるとバランスが悪いような。メイン! ってのがなかったような気がする。どれも小品で上品にまとまっているけれど。
 お肉注文してよかったねぇというのが私たちのまとめとなりました。



 ご飯が終わってお部屋に帰るとお夜食のおにぎりが。
 さすがに夜は食べられないので、翌朝、ごはん前のおなかがすいているところに食べてしまいました(笑)。
 ぬってあるお味噌がピリ辛で美味しかったです。

 朝ごはん。



 サラダは食べ放題。ドレッシングも3種。
 その向こうには納豆が置いてあります。これも食べ放題?(笑)



 朝ごはんはこんな感じ。ザ・シンプル。
 上に写っている(半分切れていますが)煮物(左側)とおひたし(右側)は2人分になっているのでお皿に取り分けます。
 あとサラダと納豆は食べ放題。
 しかし、お魚とかメインになるものがない朝ごはんって初めてかも。あまりのシンプルさに「これだけですか?」って聞きたくなっていたら、友達が聞いてくれました。
 厚揚げの田楽がお魚の代わりでヘルシーにまとめてあるということでした。…なるほど。
 それも悪くないかもしれないけどでも、ちょっと焼き魚とかあってもいいんじゃない? という物足りなさは残りました。

 お宿の全体的な感想は、スタッフさんの対応がみんな丁寧で親切。こころ厚く迎えられていると感じられるお宿だということ。
 ここまで香りにまで配慮されているお宿は初めてだったし、パブリックスペースもくつろげる場所が多い。大人がゆったりと泊まれる宿だなぁと感じました。お風呂も充実しているし。
 今回はご飯が少し残念でしたが、懐石やフランス料理など選べるのでまた来て違うメニューで、という楽しみをされるのもいいかもしれません。


 【おまけ】 松本観光



 松本城は外せません!
 中もちゃんと登りました。急階段の上り下りに悲鳴。
 でも昔のまま残ってるものだと思うと…感慨深いです。



 松本城の隣にある松本神社の裏手にあるお蕎麦屋さん、そば処もときさんでおそばを食べました。
 お宿の送りの際にバスの運転手さんに美味しいお蕎麦屋さんを聞いたところお勧めしてもらったお店です。お昼時はわりと混雑していて、少し待ってから席につけました。
 私はざるそばにミニ天丼がセットになったのを注文。(朝ごはんが軽かったのでがっつりいきました)
 おそばが白くて珍しい。コシがあって美味しかったです。てんぷらも揚げたてで天つゆがかかっていてもサクサクしていました。
 上の中央に写っているのは友達が頼んだてんぷら盛り合わせ。


長野県 扉温泉 明神館
泉質:アルカリ性単純泉
site:http://www.tobira-group.com/myojinkan/

JUGEMテーマ:旅行
甲信越 comments(2) trackbacks(0) ハルナ
スポンサーサイト
- - - スポンサードリンク
Comment









 はじめまして。今晩は。
のんびり小町を使って、初めて利用した《金みどり》に感激してから、よくこのHPを拝見させていただいております。

以前から気になっていた《明神館》とても参考になりました。《花屋》にします(笑)

これからも率直なご意見、楽しみにしております(^^)


posted by ようこ : 2010/03/10 9:07 PM :
ようこさま、はじめましてこんにちは。

明神館の感想参考にしてくださってありがとうございます、と言ってよいのでしょうか…(^-^;
明神館さんで感じた不満はお食事だけだったので、わりとお勧めできる方だと思います(とフォロー)。…といっても、その食事がかなり重要なんですよね…(笑)。
花屋さんへのご旅行楽しんで下さいね♪
花屋さんへは私たちもだいぶ昔に訪れたので、今泊まるとまた違うのだろうな〜と思います。ノスタルジックで素敵なお宿でした。あと歩いて回れる周辺観光が充実していたので是非周ってみてください。

金みどりさんは私たちは泊まりに行ったことがありません。
ようこさまが感激したというお宿、是非いつか行ってみたいと思います。

コメントありがとうございました!
posted by ハルナ : 2010/03/12 2:18 PM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW TOP OLD>>