温泉ハルカ
東京在住もやしっ子2人の温泉旅行ブログ
のんびり小町感想中心のお宿レビュー

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - スポンサードリンク
群馬県 草津温泉 金みどり(宿泊)
 2016年も元気に温泉旅行しています! ハルナです。
 定期的に旅行に行かなければ生きていけない私たち2人、今年は草津温泉からスタートです!

 2015年は温泉ではない旅行(普通の国内観光です)もしていて、こちらの更新ができないね〜と話したりしていました。
 急に「ちょっと、温泉行きたいんだけど、近くの温泉でいいから行かない?」とハルカさんに話を持ちかけて決まったのが草津温泉行きでした。
 今回はびゅうの「草津温泉 泉質主義」という草津温泉に特化したパンフレットのプランで予約。金みどりさんと言えば、のんびり小町のパンフレットにずっと掲載されていて、一度訪れてみたかったお宿さんです。(最近のゆらりとりっぷには掲載がないようですが…)

 さて、あらためて草津に行こうとすると、上野発の特急で2時間半、それにバスで30分と3時間もかかるんですね。
 3時間あれば青森とか大阪とかに行けるな〜とつい考えがちな貧乏性の私、近場のいい温泉になかなか行けておりません。



 草津温泉バスターミナルからは歩いて向かいました。バスターミナルで電話で連絡すれば送迎も来てくれますが、歩いてもたいした距離じゃありませんし、温泉街なので楽しく歩けるかと思います。
 湯畑まで出るのもすぐです。荷物を預かって頂き散策しました。(観光については最後にまとめます)

 綺麗なフロント&ロビーでチェックインして、お部屋へ…の前に



 色浴衣を選ばせて頂きました。



 玄関脇にはお土産のショップ。



 こんな感じのお部屋。10畳でごく普通。
 アメニティもごく普通だった模様で、写真が残ってなかった(笑)。

 人が少ないうちに…と大浴場へ行ってみました。


 
 こちらは湯畑源泉のお風呂。ちょっと濁ってます。
 お風呂を通って奥の扉からちょっと歩いて露天風呂に行く感じ。(写真は撮れなかった)
 露天風呂は湯畑とは別の源泉のお風呂で、1度に2つの温泉が楽しめます。
 男性女性の入れ替えはナシ。



 冷水がいつでも飲める湯あがり処。これがあるとホント嬉しい。

 夕ご飯。



 こんな素敵な暖炉があるお食事処で。

 献立はこんな。

 食前酒 緑茶梅酒
 先付け 鱶鰭玉地蒸し 芽葱 花弁百合根
 前 菜 松前漬け
     群馬県特産銀光昆布〆 黄味酢
     胡桃豆腐 共餡
     赤城鶏蕗味噌焼き
     瓢人参カステラ
     芹と椎茸の鞍肝和え
 御 椀 海老糝薯 薄氷大根 蔓菜 梅人参 鮑茸 松葉柚子
 造 り 鯵ヶ沢産天然平目と霜降り馬刺し 帆立 野沢菜スプラウト 塩ポン酢と刺身醤油
 焼 物 天然鰤ステーキ とろろ芋 いくら醤油漬け 菊花蕪 伽羅蕗
 炊合せ 丸大根含め煮 豆乳餅 蟹菊花餡 振り柚子
 進 肴 上州牛とやまと豚の下仁田葱フォンデュ 旬の地産野菜
 御 飯 下仁田葱リゾット風 五穀米
 香 物 三種盛り
 水菓子 柚子シフォンケーキ 蜂蜜クリーム 安納芋の羊羹



 席に着いたところ。
 前菜とお造りはスタンバイしてる。



 前菜。
 左上側の青いガラス食器のが銀光。ギンヒカリは養殖のニジマスの高級ブランド(なのかな)。クセはまったくありません。



 お造り。マグロと思ったら馬刺しでした。海なし県だからね、うん。
 (私も海なし県育ちよ…)
 そのため薬味がいろいろ。



 こちらが先付けのフカヒレの茶わん蒸し的な。卵が濃いめ。



 お椀。この大根にはちょっと感動した。
 こういう目で楽しめるお料理、素敵ですね。
 そしてしんじょ大好きです。



 焼き物。



 炊き合わせ。



 

 葱フォンデュとは…詳しくは忘れてしまいましたが、葱の出汁の出てるおつゆのお鍋でした。
 群馬はお肉が美味しい。



 そしてそのお鍋の残りのおつゆでリゾットに。五穀米で。パルメザンチーズまで付いてきた。



 デザート。星型の器のは蜂蜜クリーム。シフォンケーキにかけていただきました。

 つづいて朝ご飯。



<朝の献立>
一、ごはん
一、豚汁
一、鮎の一夜干し
一、笹・生芋こんにゃく
一、湯豆腐
一、温泉玉子
一、生湯葉琥珀餡
一、六合納豆
一、がんもどき
一、彩り野菜のマリネ
一、川海苔佃煮・辛味噌・花豆蜜煮
一、香の物(梅干・胡瓜糠漬・菊芋味噌漬)
一、北軽井沢ヨーグルト ブルーベリーソース

 若女将手書きの献立が添えてありました。一言ずつお勧めポイントも。



 鮎は卓上で焼きます。



 湯豆腐。

 1月の連休に、のんびりさせていただきました。
 全体的に落ち着いて上品なお宿という印象。湯畑の近くにあるので草津の雰囲気をしっかり楽しめつつも、お宿の静かな雰囲気に癒されに来れると思います。

【オマケ・観光】
 観光といっても湯畑と周辺を歩いて廻っただけです。



 いいお天気でした。
 私たちが行った1月の初旬くらいは、雪が少ないと言われていた時期で、雪のないスキー場などがニュースで取り上げられるほどでした。12月中もあり得ないほど暖かかったし。
 雪見風呂がしたいのもあって草津まで来たのに、雪がほとんどないばかりか日が差していると本当に暖かかったです。
 (この旅行のあとくらいから普通に雪が降り出したように思う)



 湯畑のそばにあるお寺さん。階段が地味に大変でした。





 西の河原も久しぶりに。硫黄臭!! 素敵!!

 この日は冷え込んで、晴れているのにとっても!! 寒かったです…手袋を外して携帯で写真を撮っていたらあっという間に手が動かなくなった。寒くて痛くなるの、久しぶりに体感しました。



 ライトアップもしていたので夜も湯畑まで行ってみました。
 (写真は湯畑を背に光泉寺を撮ったもの)
 着替えるのが面倒でお宿の浴衣の上にダウンとかの上着を着て行ったけど、寒かった。雪が積もってたらそんな暴挙には出れなかっただろうな。
 ライトアップされた湯畑はきれいでした。撮った写真は湯気で使いものになりませんでした(笑)。


群馬県 草津温泉
泉質:酸性−含硫黄−アルミニウム−硫酸・塩化物(湯畑)/酸性−塩化物・硫酸塩温泉
Site:草津温泉 昔心の宿 金みどり

JUGEMテーマ:旅行
関東 comments(0) trackbacks(0) ハルナ
スポンサーサイト
- - - スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW TOP OLD>>